About Project

Ginza Sony Parkプロジェクトは、ソニーの新しいブランドコミュニケーションの場をつくること、人々にリアルな体験を感じてもらえること、銀座をより心地よい街にすること、この三つを実現することを目指した、ソニービルをリニューアルするプロジェクトです。

Ginza Sony Parkは、1966年に建てられたソニービルの建て替えにおいて、"建て替えプロセスもソニーらしくユニークに行いたい" との思いから、建物の解体途中を公園にするという全く新しい発想で、2018年に、都会の中にある「変わり続ける実験的な公園」として開園。

「銀座ソニーパークプロジェクト」始動のニュースリリース

年間を通して驚きや遊び心が感じられる様々なイベントやライブなどのプログラムを実施し、2018年8月のオープンから2021年9月末の閉園までの3年間で854万人ものお客さまにご来園いただきました。

Ginza Sony Park一時閉園のお知らせ

現在は、2024年完成を目指し建設工事中の新しいGinza Sony Parkに向けた新たな実験的活動を始動しています。

Sony Building

1966 - 2017

1966年4月29日に、創業者の一人である盛田昭夫の「東京・銀座の玄関として、ソニー本来のショールームと共に、より有意義な建物を建築すべき」との考えに基づき、ソニーの情報発信基地として、ソニービルは開館しました。交差点に面した角地を「ソニースクエア」と名付け、四季折々の催し物を開催し、街ゆく人々に楽しみを提供しました。

Ginza Sony Park

2018 - 2021

2018年8月から2021年9月末までの3年間、「Ginza Sony Park」として開園。銀座の一等地である数寄屋橋交差点のすぐ側で、公共的スペースを作るというのは、ソニーにとって大きな挑戦でした。

フラットな地上部に加え、地下にも伸びる開放的な空間は、地上と地下が一体となった垂直立体公園を実現しました。

新・Ginza Sony Park

2024 -

2024年に完成予定の新・Ginza Sony Parkにおいても、都会の真ん中に公共的スペースをもたらす「Park」というコンセプトは継承します。

ソニービルは斬新な花びら構造による連続的な空間設計によって、「縦の銀ぶら」というコンセプトが表現されました。新・Ginza Sony Parkでも、ユニークで遊び心がある空間を表現できる場を目指します。

TOPICS

ソニービル リニューアルオープン

1992.12.1
全体の外観は白を基調にしたものに変貌し、晴海通り側の壁面にはCG を使用した大壁画を設置。夜は各フロアのガラス面が照明で浮かび上がる改修を行い、リニューアルオープンしました。

ソニービル開館

1966.4.29
1966年4月29日にソニーの情報発信基地としてソニービルはオープンしました。(地上8階、地下5階、花ビラ状の内部構造をもった立体プロムナード式の複合的ショールームビル)

ソニーショールーム

1959.6
1959年には、ネオン広告塔を掲げていたビルの1階に、20坪足らずのショールームをオープンしました。

数寄屋橋のネオン

1957.12.19
世の中にソニーの名を浸透させるために、銀座の数寄屋橋の角地(ソニービルの建っていた所)に、1957年12月19日午後5時1分、夜空に明るくSONYのネオンが輝きました。