ART IN THE PARK

ART IN THE PARK

2024年の新・Ginza Sony Parkへ向けて、銀座・数寄屋橋交差点にウォールアートを掲出

銀座の街を楽しんでいただくために、 2024年の新・Ginza Sony Parkに向けた建て替え工事期間の「余白」である仮囲いを「アートウォール」として活用し、2022年3月15日(火)からGinza Sony Parkと関わりのあるアーティストの作品を数寄屋橋交差点に向けて掲出します。

第一段は、アーティストSHUN SUDO氏の作品を掲出。Ginza Sony Park 地下1階の壁面にSHUN SUDO氏によって直接描かれ、2020年3月から閉園までの1年半もの間、来園者の方々に親しまれた作品を再現したものです。アーティスト自身が幼い頃にソニービルを訪れた際の記憶である、色彩豊かな花々と音楽をモチーフとし、1966年のソニービル創業からGinza Sony Parkに繋がる「Ginza Sony Park Project」が表現されています。

期間

2022年3月15日(火)~

場所

東京都中央区銀座5-3-1 Ginza Sony Park 地上階

SHUN SUDO プロフィール

2015年、ニューヨークで初の個展「PAINT OVER」を開催。その後、アメリカ各地のアートフェアへの出品を果たす。日本らしい繊細さとポップアートのようなパワーがミックスした作風で世界のアートシーンで注目を集める。

SHUN SUDO コメント

銀座は、昔から縁がある街です。Ginza Sony Parkができた時も銀座のど真ん中に面白い公園ができたと何度も足を運んでいました。今回このビルの壁に好きなように描いて欲しいとオファーを受けたときは、本当に嬉しかったと同時に、大きな責任を感じました。きっと僕と同じように、銀座やソニービルに思い入れのある方がたくさんいると思います。そんな方々にもここにふさわしいと思ってもらえるような絵を描かなければと強く思いました。モチーフになったのは、花と音楽。人がいて、ビルがあり、でもそこにはうつくしい花が咲き、楽しげな音楽が鳴り響いている。僕にとって銀座はそんな街であり、Ginza Sony Parkはその真ん中にあります。この街を昔から愛する多くの人にも、この先、日本中、世界中からやってくる多くの人にも、この絵を見て笑顔になってもらえたら、とても幸せに感じます。

Ginza Sony Park 地下1階の壁面にSHUN SUDO氏によって直接描かれた作品

2020年3月から2021年9月まで掲出

ART IN THE PARK by SHUN SUDO プロジェクトを象徴するウォールアート登場

現場写真

1966年のソニービル創業から現在のGinza Sony Parkを経て、パークの概念を縦に伸ばす将来の新ビルに繋がる「Ginza Sony Park Project」を表現した、アーティストSHUN SUDOによるアートがPARK B1 (地下1階) に登場。ダイナミックなウォールアートに描かれたのは、今も昔も変わらず多くの人を惹きつける街、銀座。その街は多くの花に彩られ、軽やかな音楽が聞こえてくるかのようです。そこには、幼いころから銀座に親しんできたアーティストの心に残り、目に映った銀座が繊細かついきいきと描かれています。

ウォールアート制作段階写真

ART IN THE PARK by SHUN SUDO (動画)

https://youtu.be/5HXiAsD0gXE

ART IN THE PARK by SHUN SUDO (動画)

https://youtu.be/5HXiAsD0gXE